渡す時期やそのマナー

香典返し

自分で用意する場合

香典返しは49日を過ぎた後に贈るものとなっていましたが、最近ではそのしきたりも変わりつつあり、葬儀後の挨拶状と一緒に贈る人も増えています。葬儀の当日、会葬御礼と共に香典返しを贈り、もって帰ってもらうようにする人も出てきています。その香典返しはいったいどれくらいの金額のものを、そしてどのようなものを用意すれば良いのかわからない人もたくさんいます。葬儀屋によっては香典返しをスムーズに行うことができるように、香典返し要のパンフレットを用意し、1000円用の商品、2000円用の商品など選ぶことができるところもあります。しかしすべての葬儀屋にそのようなパンフレットを用意されているわけではないため、もし自分で用意しなければならないときは、香典に入っていた金額の10分の1の品を贈ると良いといいます。そしてデパートや総合スーパーなどで品を購入する場合は、スタッフに「香典返し用にお願いします」と伝えると、香典返し用の包装紙で包んでくれます。また、小さいお子さんがいる家庭の場合や香典そのものを受け取らない場合など、家庭によっては様々な事情から香典返しをしない人も出てきています。もし香典返しをしない場合は、挨拶状だけでも贈るのがマナーとなっています。葬儀に参加した人や葬儀に参加していない人でも香典を持ってきてkるえたひとに対して、感謝の意を表すために挨拶状や香典返しをすることが、昔からのしきたりとなっているので、これからのために覚えておくと良いかもしれません。

Copyright© 2018 引き出物を郵送するメリット【持ち運ぶ手間をなくせる】 All Rights Reserved.